餃子と言えば宇都宮!カレーと言えば水戸!そんなことにするプロジェクト

餃子と言えば宇都宮!カレーと言えば水戸!そんなことにするプロジェクト

オリジナルレシピ 募集中!

地場農産物利用促進事業水戸ご当地カレー「MITOカリープロジェクト」
オリジナルレシピ募集要項

目的 「地産地消」の考え方に基づき,地場農産物を積極的に使用したカレーのレシピを広く募集し,優れたレシピについて表彰・PR等をすることにより,ご当地カレーとして全市民的な水戸の新しいブランドに育て,水戸のイメージアップにつなげることを目的とする。
主催 みとNIGIYAKAプロジェクト,水戸市,水戸市教育委員会
募集内容 【募集期間】
平成25年10月1日(火)~平成25年10月31日(木)必着

【応募資格】
制限はありません。
※カレーバトルに参加されている飲食店からのご応募は審査対象となりませんので,ご了承ください。

【レシピの条件】
次の2部門のレシピを募集します。
①一般部門
②学校給食部門

応募いただくレシピは,未発表,オリジナルのものに限ります。原則として,地場農産物(水戸市または隣接市町村産)を積極的に使用したレシピとします。

<材料費(主食を含む)>
一般部門は1人分500円以内,学校給食部門は1人分200円以内とします。
応募方法 応募用紙に必要事項を記入し,調理済の完成写真を貼付またはイラストを描いて,7の応募先へ,郵送,FAX,Eメールのいずれかにより,平成25年10月31日(木)(必着)までに提出ください。
※お1人につき,1部門1点までの応募とさせていただきます。
なお,書類審査を通過した場合,平成25年11月27日(水)に実施する本審査に出場していただきます。

応募用紙をダウンロード(PDF 46KB)
審査方法 【書類審査】
レシピ等必要事項を記載した応募用紙に基づき書類審査を行い,6作品(一般部門3作品,学校給食部門3作品)を選考します。
なお,審査結果の発表は,審査結果通知の発送をもって代えさせていただきます。

【本審査】
平成25年11月27日(水) 午前9時30分~午後3時(予定)
会場:水戸市国際交流センター(水戸市備前町6-59)
書類審査を通過した6作品の実地調理,試食を通して,それぞれの部門の最優秀作品を選定します。

【審査基準】
・地場農産物の使用頻度
・水戸市のPR度
・栄養価
・家庭での再現性(一般部門),児童・生徒の受け入れやすさ(学校給食部門)
・費用
※上記の5項目を総合的に判断し,審査を行います。

【審査員】
水戸市学校栄養士会,調理師代表,生産者代表,水戸市

【表彰等】
各部門の最優秀作品について,賞状を贈呈します。
※なお,学校給食部門の最優秀作品は,市内小中学校の学校給食として提供されます。
その他 ①応募いただいたレシピ・名称に関しての権利は,主催者に帰属します。
②第三者の著作権や商標権等の知的財産権を侵害するもの,または侵害するおそれのあるレシピについては応募いただくことができません。
なお,これらの条件に違反していたことが判明した場合,入賞は無効になります。
③書類審査を通過した作品等は,PRの一環として,新聞やホームページ,印刷物等へ掲載されることがあります。
④応募者の個人情報は厳重に管理し,本募集以外の目的では使用いたしません。
⑤本審査に係る食材料費については,主催者側で負担いたします。
⑥第三者からの権利侵害等の損害賠償が提起された場合は,応募者自らの責任と費用で解決してください。市では一切の責任を負いません。
なお,市が損害を被った場合は,損害を賠償していただきます。
応募先・
問い合わせ先
みとNIGIYAKAプロジェクト
〒310-0015 水戸市宮町2丁目73-1 宮下ビル3号館 3階 1号室
TEL: 029-303-6042/FAX: 029-303-6041
E-mail: support@mito-curry.com

水戸市産業経済部農業技術センター
〒310-0914 水戸市小吹町504
TEL: 029-243-6841/FAX: 029-241-1211
E-mail: agri-center@city.mito.lg.jp